iPadとAndroidの違いは何?

タブレットはiPadだけではない

タブレット端末と言いますと、アップ社が販売しているiPadのことだと思う人も多いかもしれません。

しかし、最近ではAndroidOSを搭載したタブレット端末も沢山販売されるようになってきましたので、タブレット端末業界では現在2強の状態だと考えて良いですね。

では、このiPadとAndroidの違いはどこにあるのかを書いていきます。

最大の違いはOS

先ず最大の違いがOSです。

OSとはオペレーションシステムのことで、パソコンで言うとWindowsやMacintoshがこれにあたります。

いわばパソコンを動かすための大元のソフトウェアであり、このソフトウェアが入っていなければパソコンたり得ないといったものですね。

勿論ですが、タブレット端末にもOSが搭載されています。

iPadの場合ですと、iOSといったOSが採用されていて、これはアップル社が開発したOSです。

 

もう1つ、Androidの方はGoogle社が開発したもので、こちらはオープンソースのOSとなっていることから、無料で使用することが出来ます。

Androidが普及してきた理由の1つとしては、この無料で使用できるといった点があり、OS分のコストを抑えることが可能なので多くのメーカーがAndroidを採用したタブレット端末やスマートフォンを開発しています。

OSと言うと、上でも書いたWindowsのタブレットOSもありますが、まだまだ市場のシェアは低いと言えます。

iPadを使用するにはパソコンが必要

次の違いとしてはパソコンの要不要があります。

iPadを使用するにはパソコンと接続する必要があるのですが、Androidではパソコンに接続する必要はなく、単体で使用できます。

iPadの場合は購入後に起動すると、iTunesがインストールされたパソコンに接続して下さいと表示が出るので、このことを知らずにパソコンを持っていない人が購入すると面倒なことになってしまいますので、覚えておいて下さい。

Android搭載のタブレットであれば、パソコンは必要なく、Wi-Fiのルータ、もしくはWi-Fi通信ができる環境があることが必須になっています。

アプリが豊富なiPad

他の違いとしてはアプリの利用があります。

iPadはアップル社製品で使用できるアプリはほぼ互換性があるので多数のアプリをダウンロードして楽しむことが可能です。

対してAndroidの方ですが、こちらはiPad用のアプリ数と比較すると少なめになっており、アプリ総数はiPadの3分の1程度にとどまっています。