最新タブレット端末情報

シェアを急速に伸ばすWindowsタブレット

タブレット端末と言えば、AndroidやiOSを採用した端末が代表的ですよね。

しかし、最新のタブレット端末でシェアを伸ばしているのが、Windows8を搭載した最新のタブレット端末です。

少し前まではタブレット端末と言えば、上でも書いた通りにiOSやAndroidを用いたものが主流でしたが、Windows8.1を採用した最新のタブレット端末が各メーカーから販売されています。

そもそもWindowsOSを搭載したタブレットはこれまでも販売されていたのですが、Windows用のアプリケーションをそのまま流用できることの強みくらいしかなく、あまり多くのメーカーから採用されてきませんでした。

今回のWindows8.1OSを搭載したタブレット端末が販売されているのは、これまでの強みを持ったままに、さらに魅力的なものへと進化したからだと言っても良いでしょう。

ビジネス用途に強みのあるWindowsタブレット

Windowsのアプリケーションをそのまま使えるといったことから、Windowsを採用したタブレット端末はビジネス用途に強みを持っているとされてきました。

外出先で書類作成の機会が多いのなら小型のノートPCの方が有利な面も多かったと言っても良いかもしれません。

 

しかし、メールの送受信をメインとしたり、インターネット経由での情報収集などに関しては、タブレットの方が格段に向いています。

WindowsOSを搭載したタブレットのメリット

WindowsOSを搭載したタブレット端末の最大のメリットとしては、仕事でWindowsを利用するのなら、圧倒的に他のOSよりも連携を取りやすいといったことにあります。

ある程度のことはアプリを利用することで、他のOSでも互換性を持たせることは出来るのですが、OSの構成が同じであるWindowsタブレット端末と比較すると一歩譲らざるを得ないでしょう。

また、日本語変換ソフトなどに関しても、Windowsに搭載されているものと比較すると頼りない物であるとも言え、キーボード付属している2in1のタブレット端末はかなり使い勝手の良いものとなっています。

また、これまでのWindows搭載のタブレット端末は、重さや駆動時間の面でどうしても他のOS端末に劣っていたのですが、最新のタブレット端末では駆動時間、重さ、サイズなども他のOS端末と拮抗するようになっていることから、気軽にパソコンと同じ環境を外に持ち出すことが出来るようになっていることが最大の魅力だと言えるでしょう。